JDL IBEX及び弥生会計を利用した経営サポート

当会計事務所では、JDL社及び弥生会計のソフトを使用して、毎月の仕訳入力及び決算書の作成を行っております(※)。
毎月の仕訳入力をお客様ご自身で行われる場合、JDL社のソフト(JDL IBEX)もしくは弥生会計をご使用いただくと、次のようなメリットがあります。

(※)JDL社または弥生会計以外のソフトでも大手会計ソフトメーカーをご使用の場合にはデータ変換ソフトを使用することにより、ご対応が可能ですので、詳しくはお問い合わせください。

メリット1 毎月の記帳業務が楽になる

今まで手書きによって行なっていた面倒な転記作業がなくなります。(入力のほとんどがマウスとテンキーの使用だけで行えます。)また、会計ソフトが自動計算してくれるため、電卓は使用しません。これによって、経理事務の効率化およびコストの削減を図ることができます。

メリット2 財政状態及び経営成績をリアルタイムに管理可能

お客様が入力されたデータを月次損益や試算表としてすぐにプリントアウトすることが可能です。たとえば銀行からの借り入れの際、月次損益の提示を求められてもすぐに対応することができます。また、決算前にある程度の利益予想を立てることが可能となるため、計画的な事業運営を図ることができます。

メリット3 万が一、データが消えてしまった場合でも安心

入力の都度、インターネットにてデータを当事務所に送っていただくことにより、万が一、お客様のパソコン内のデータが消えてしまった場合でも直ちにデータを復旧することが可能となります。

サポートの具体的な流れ

STEP 1 お客様のパソコンに会計ソフトを導入

今まで、会計ソフトをご使用されたことのないお客様も、当事務所のスタッフがお客様のもとに出張し、入力方法からデータ管理に至るまで最後まで責任をもってサポートいたします。

STEP 2 お客様ご自身で会計データを入力

入力作業は機械的な入力作業ですので、簿記の知識は一切必要ありません。

STEP 3 入力データを、Eメールにて当会計事務所に送信

JDL社のソフトには暗証番号機能が設定されておりますので、外部からデータを不正に読みとられるリスクを回避することができます。

STEP 4 当事務所にて会計データをチェック・訂正し、お客様へ返信

お客様からのデータは、当事務所が責任をもってすべてチェックし、訂正いたしますので安心してお任せください。

お見積りやお問い合わせ等はこちらから


[必須]

[必須]

[必須]


Copyright© 2013 江戸川区の税理士・公認会計士 税理士法人 安井会計事務所 All Rights Reserved.